お知らせ

2018.04.16 / 院長ブログ

自分だけのいのちのリズム

ひだまり堂の施術は

いつも脈診から始まります。



お腹の前で手を合わせていただき

左右の脈に触れるその瞬間は、

相手のエネルギーの中に入らせていただく儀式のような時間。

この瞬間から、自分と相手の境がなくなる。

 

脈では血液の流れ、氣の状態、臓器の状態、、、

いろいろなことが診れるけど、

まず確認するのは、その方の「いのちのリズム」。

 

人はそれぞれ、自分のリズムを持っていて、

それぞれ心地よいペースがあるけれど、

みんな一日を24時間でめぐる、この時間軸で生きていて。

自分のリズムと、時計のリズムが合っていない人って結構多い。



でも、社会で生きるには

決めたれた時間軸に合わせるしかないと思っているし

そうやって生きてきたから、

もうそのリズムが自分に心地よいかどうかなんて

考えたこともなくってね。

 

合わせられない自分がダメなやつだと思っていていたり、

ずっと急がされて生きてきたから、

急ぐのが当たり前になって、

自分のことをせっかちだと思っていたりする。

 

本質的にせっかちな人=いのちのリズムが早い人は

早いペースが苦にならない。

だから、早い展開ほどいのちが輝き出す。

 

本質的にゆっくりさんなのに、せっかちだと思いこんでる人は、

リズムの速い毎日に疲弊していく。

置いていかれる不安や義務感

「早くしなきゃ」といつも見えない何かに焦っている。

本当はのんびりしたい自分を、怠け者だと思っている。

 

自分を大切にする

とは

自分のいのちのリズムを大切にすること。

 

それができない生き方なんて

奴隷とおんなじだ。

 

私たちの胸の真ん中には

『膻中』というツボがあって、

この膻というのは、神様が祀られる場所のこと。

 

私たちの中には神様がいる。

 

自分の神様のリズムに合っている時

ハートはゆったりと心地よい。

 

自分の神様のリズムに合っていない時、

ハートは苦しくて居心地がわるい。

 

ハートは自分のいのちのリズムを教えてくれる。

 

奴隷として生きますか?

神として生きますか?

 

人生の答えは全部カラダが知っています。

 

前後の記事はこちら

時系列
同じカテゴリー